Month: 4月 2018

pleskで管理しているメールアドレスでメール受信をきっかけに PHPプログラムを動作させる

pleskで管理しているメールアドレスでメール受信をきっかけに PHPプログラムを動作させる

サーバー管理ソフトウェアのPlesk皆さんお使いでしょうか? 1台のサーバーに複数のドメインを管理する時には必須といってもいいほど便利なソフトウェアです。 今回はこのpleskで管理しているメールアドレスへメールが送信されてきた時にPHPプログラムを動作させる方法を書いておきます。 ● Plesk 12 (Centos 6)のqmailで管理しているメールアドレスへのメール受信でPHPプログラムを動作させる ● 1. テスト用PHPプログラムを用意する こことても重要です。 とにかくシンプルなプログラムを用意してうまく動作しなかった時のチェック項目を減らすということが一番重要になってきます。 チェック用PHPプログラム。これをまず .qmail があるディレクトリへ作成します メールアドレス TEST@YOUR.SERVER.COM でのケースとします。 .qmail の場所は /var/qmail/mailnames/<YOUR.SERVER.COM>/<TEST>/.qmail なので、 vi /var/qmail/m

laravel5.5でスキャフォールディングを行えるパッケージ laralib/l5scaffold をインストールする

laravel5.5でスキャフォールディングを行えるパッケージ laralib/l5scaffold をインストールする

● laravel5.5でスキャフォールディングを行えるパッケージ laralib/l5scaffold をインストールする Laravelでは標準でスキャフォールディングのパッケージが存在しません。 (そのかわり有志の方が作成してくれています。お陰で似たようなパッケージが乱立していますが。) 今回は シンプルな scaffold を提供する l5scaffold をインストールして使用できるようにします。 composerのインストール、 Laravelのインストール、 laravelアプリの初期化 は省略します。 sshで該当のディレクトリへ移動するところからのスタート!です。 それではどうぞ! 1. laralib/l5scaffold のインストール cd <YOUR-APP-NAME> composer require ‘laralib/l5scaffold’ –dev 2. configに記述を追加 config/app.php の ‘providers’ の一番下に追加 // L5scaffol